不安障害のために転職するときの仕事の選び方

本ページはプロモーションが含まれます。

仕事・転職

こんにちは、はなです。不安障害になり、ストレスを感じる職場から働きやすい職場に転職して仕事をしています。

この記事は、次のような悩みを抱えている人に向けて書いています。

不安障害になって、毎日がつらい。ストレスのない働きやすい環境で働きたい。でも、働きやすい環境がわからない・・・

不安障害で仕事に行くのがしんどい・・・

でも生活のために仕事をする必要があるから、不安障害と仕事の両立って必須ですよね。

私も同じ悩みを抱えていました。

今の職場では、仕事でストレスを感じる。人と関わるのがつらい。

不安障害と今の仕事は両立が難しいから、働き方を変えるしかない。。。

そんなふうに考えながらしていた転職活動中、不安障害という状況をふまえて、親身になってくれたのがこちらの転職サイトでした。

結論からいうと、不安障害はリモートワークがおすすめです。

リモートワークは、自分のペースで働けて、ストレスになる人間関係が少なくなるからです。

私もリモートワークで働くようになって、ストレスが減って不安障害も改善されました。

・その①:atGP(アットジーピー):15年以上にわたり、軽い障害から重い障害まで就職・転職をサポートしているサイト。一般には公開されていない、優良企業の求人多数。 リモートワークの求人も多く、勤務時間・職務の調整等の独自ノウハウがあって信頼できる。メンタルの悩みのある転職希望者も多く利用しているサイトです。会員登録無料

・その②:LiBZ(リブ)リモートワークやフルリモートの求人が多く、人と関わらず仕事したい人におすすめです。私も登録して、いくつか転職サイトを利用しましたが、ここまで働き方の柔軟性やダイバーシティを重要視していて働きやすさに理解のある求人サイトはなかったので、無料で登録できるので登録してみるのがオススメ。思ってもみなかった仕事の選択肢が広がります。

※どちらの転職サイトも無料登録できるので、両方登録しておくことをおすすめします。

不安障害で転職するときの「仕事の選び方」

不安障害で転職するにあたっては、「在宅で仕事をする」という働き方がオススメです。

人と関わるのがしんどい、ことが多いですが、まったく人と関わらずに仕事をするというのは困難だったりします。

人と関わらない仕事、というと、どんな仕事を想像しますか?

ライター、プログラマー、システムエンジニア・・などが想像できますが、スキルや実績がなく、いきなりそのような仕事に就くことは難しいです。

一方、在宅で仕事をすれば、バックオフィス、企画、など、さまざまな職種があるので、未経験・スキルなしでも仕事に就くことができます。

また、在宅勤務であれば、メールなどの連絡を取るだけで済む場合もあり、一人で作業を進めることができます。

私が在宅勤務で勤めていた会社は、週1程度、オンライン会議ツールで担当者と打ち合わせするだけでした。

自分のペースで、最低限の人との関わりで仕事が進められたので、不安障害を抱えながら仕事をするには最適でした。

不安障害に在宅の仕事がおすすめの理由

不安障害を抱えながらフルタイムの出勤で働いていたこともありましたが、人と関わるのがつらくストレスになっていて、周囲からの理解もしてもらえませんでした。

仕事に出勤したいのに体が動かなくて、出勤できない・・

でも、不安障害ということを人にも言えないことに苦しんでいました。

ストレスがあるのが当たり前になっていましたが、ストレスを軽減することを優先しようと思って、働き方から見直したときに出会ったのが在宅の仕事でした。

ストレスなく仕事をするなら、在宅の仕事が最適だと思います。

不安障害に在宅の仕事を選ぶなら、どんな仕事がいい?

不安障害で在宅の仕事をするなら、次のような観点で選ぶのがおすすめですよ。

「これまでの経験を活かせる仕事」

「時給が高い仕事」

「自分がしたかった仕事」

これまでの仕事の内容とリンクする仕事であれば、比較的、楽に仕事に入ることができます。

いちから仕事を覚えるのは大変ですよね。

不安障害で毎日がつらくても、生活があるので、時給や収入ができるだけ高い仕事につきたいですよね。

自分のしたかった仕事がある人は、これを機にまったく別の仕事をしてみるのもオススメです。

私もまったく関係のないWeb系の仕事を始めました。

現在もその仕事を続けているのですが、不安障害がきっかけで思いがけない世界が広がったりするんですよ!^^

気になっていた仕事を始めるチャンスだと思って、仕事を探してみるのもオススメです!

不安障害でも働きやすい仕事を探す方法

・その①:atGP(アットジーピー):15年以上にわたり、軽い障害から重い障害まで就職・転職をサポートしているサイト。一般には公開されていない、優良企業の求人多数。 リモートワークの求人も多く、勤務時間・職務の調整等の独自ノウハウがあって信頼できる。メンタルの悩みのある転職希望者も多く利用しているサイトです。会員登録無料

・その②:LiBZ(リブ)リモートワークやフルリモートの求人が多く、人と関わらず仕事したい人におすすめです。私も登録して、いくつか転職サイトを利用しましたが、ここまで働き方の柔軟性やダイバーシティを重要視していて働きやすさに理解のある求人サイトはなかったので、無料で登録できるので登録してみるのがオススメ。思ってもみなかった仕事の選択肢が広がります。

※どちらの転職サイトも無料登録できるので、両方登録しておくことをおすすめします。

転職や就職系のサイトを使うことのメリットは、担当者に自分の状況をしっかり相談できることです。

担当者のいない求人サイトでは、相談することができないし、会社の詳しい状況がわからないのでミスマッチも起こりやすいです。

そのような求人サイトを使うのもいいですが、転職サイトで担当者に相談しながら自分に合った仕事を見つけてもらうのもオススメですよ。

その際には、転職の担当者の人に、思いきって今の状況を相談してみましょう

そうすると、自分では気づかなかった会社・仕事内容などを提案してもらえるので、世界が広がります。

転職サイトに登録したら、過去の仕事内容などやってきたこと、自分のできることは、しっかり記入しましょう。

そうすると、担当者からいきなり条件が合って内容のいい案件が来たりするので、仕事の悩みが少し解消されることにつながりますよ。

不安障害で転職するときのQ&A

面接時に不安障害のことを言った方がいい?

言わなくていいと思います。不安障害はプライベートなことなので言う必要はありませんが、会社の勤務条件を確認して、不安障害と会社の仕事が両立できそうか確認してから入社の意思を伝えるようにしましょう。

退職するときに、不安障害が理由だと言った方がいい?

言わなくていいと思います。不安障害は個人的なプライベートなことなので、一身上の都合で・・・と言えばOKです。

今の仕事のまま頑張るか悩んでいます。どうしよう?

今の職場で理解を得られそうであれば、今の仕事を続けるのも一つの手です。新しい環境になっても必ずしも自分に合うとは限りません。転職サイトに登録して担当者に相談することで紹介してもらった会社の条件と、今の会社を比較してみるのもいいですね。

不安障害のための転職活動をしながら、やってみるといいこと

不安障害はゴールが見えず、心身ともにしんどくなってしまうもの。

いつ終わるかわからない見えないものに向かって進むのはしんどいですよね。

「毎日に疲れた・・」というときは、趣味を楽しんだりまったく関係のないこともしてみてください。

転職活動の頑張りすぎは良くないので、リフレッシュを忘れずに、気持ちを楽にして活動してくださいね。

コメント