シングルマザーは副業で収入アップ!副業に役立つ情報

シングルマザー

シングルマザーで「お金の問題に不安はない」とはっきり言える人はなかなかいないのではないでしょうか。平成27年国勢調査によると夫婦共働き世帯の割合は64.4%で、夫婦揃っていても半数以上の世帯が2馬力で働いていることがわかります。また、厚生労働省の平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果によると、母子世帯の離婚した父親からの養育費の受給状況は「現在も受けている」がたった24.3%です。この結果からも、1馬力で支える母子世帯の家計がいかに大変であるかが想像できます。そこで、少しでも収入を増やすために本業に加えて副業を考えたことはありますか?シングルマザーが副業するメリットから、おすすめの職種や副業探しに役立つサイト、副業を成功させるコツなどについて詳しく見ていきましょう。

【参考】
総務省統計局 平成27年国勢調査 2-7 結婚 —結婚, 共働きの状況は?—
https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/pdf/life12.pdf
厚生労働省 平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告 17 養育費の状況
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11920000-Kodomokateikyoku/0000188168.pdf

スポンサーリンク

シングルマザーが副業するメリット

収入を増やすことができる

当たり前ですが、副業するということは仕事を増やすということなので収入は確実に増えます。副業の種類やどの程度時間をかけられるかによっても異なりますが、最初は少額であってもコツコツと長く続けることによりスキルや経験がアップし、副業で得られる収入も増えていくでしょう。「副業なんて、頑張ってもどうせ少ししか稼げないでしょ…」と思う人も多いかもしれませんが、まずは月1万円を目指してみてはどうでしょうか。もちろん、本業・家事・育児を一人でこなしつつ、シングルマザーがさらに副業で月1万円を稼ぐのは簡単なことではありません。しかし最初のハードルを超えた後、その上を目指すことは意外と苦にならないかもしれません。シングルマザーだからこそプラス月1万円、またそれ以上を目指してみませんか。

働く時間をコントロールできる

少しでも高い給料を得るために正社員としてフルタイムで働いている場合、どうしても会社に拘束される時間が長く、「子供との時間をもっと増やしたいけど…」と悩んでいるシングルマザーは多いのではないでしょうか。また、育児や家事と仕事を両立させるためにフルタイムでは働けず、「収入をもっと増やしたいのに…」というケースもあります。副業を始めれば、家にいながらお金を稼ぐことができるので、自分自身で働く時間を選びコントロールすることが可能になります。例えば、子供が起きる前の早朝、通勤時間、休憩時間、子供が寝た後や休日の隙間時間などを有効に使えば、フルタイムで働かなくても収入が足りない分を副業で補うことができます。「そんなのフルタイムで働くより面倒で大変そう…」と思われるかもしれませんが、慣れてくれば働く時間に自由があることは精神的なストレスが減り、シングルマザーにとっては快適なワークスタイルと言えるのではないでしょうか。

新しい知識やスキル、やりたいことにチャレンジできる

「副業で新しい世界が広がる」と言えば大袈裟に聞こえるかもしれませんが、これは本当のことです。シングルマザーは日々忙殺される毎日を過ごしている場合が多く、新しいことや自分のやりたいことをゆっくり考えている余裕もなかなかありません。しかし、副業を始めることで否が応でも新しい知識やスキルがついてくるものです。本業で会社から与えられた仕事をこなすのとは違い、副業は少なからず自分自身で1歩を踏み出し、1円からでもいいので自分で仕事を取ってくるということです。自分の仕事の価値を最初の1円からどうやって増やしていくか、その過程でいろいろと調べたり勉強したりすることになるでしょう。試行錯誤を繰り返すことで蓄積される知識・スキル・経験は、ただ収入が上がるということ以上の価値があるのです。また、この機会に生活のために諦めていた自分のやりたいことにチャレンジしてそれを副業にする手もあります。本業があるのですから失敗を恐れる必要は全くありませんよね。

スポンサーリンク

シングルマザーの副業におすすめの職種

クラウドワーカー

クラウドワーカーとは、クラウドソーシングサイトを通じて仕事を受注する人のことです。仕事を仲介するクラウドソーシングサイトは数多くあり、WEB上で簡単に仕事を探すことができます。仕事内容は様々で、ライティング・デザイン・プログラミング・WEB制作などから、データ入力・文字起こし・書類作成など、まずは自分ができそうなものから始めてみましょう。登録は無料ですぐに仕事を始められ、最初は少額でもやればやるだけ確実に報酬が得られることが魅力です。また、サポート体制も手厚く、プロフィールをしっかりと登録しておけば自分とマッチングする仕事をアナウンスしてくれることもあります。他のクラウドワーカーの実績を数字で見ることもできるので、しっかりと稼いでいる人がどのように努力を積んでいるのかをリサーチすることでモチベーションアップにもなりますね。

スキルシェアサービス

インターネット上で、人・モノ・場所・時間・サービス・スキルなどを共有する経済の形、「シェアリングエコノミー」という言葉が浸透してきていますが、スキルシェアとはその中でも個人のスキルをお金に変えていくサービスのことを言います。前述したクラウドソーシングもスキルシェアの一つなのですが、委託された仕事をこなすだけではなく、自分から仕事を生み出すことも可能です。例えば、占いが得意であれば占いする時間を売ったり、掃除や家事が得意であれば家事代行、コミュニケーションが得意であれば悩んでいる人の相談に乗ったり、英語が得意であれば英語を教えたり、可能性はいくらでもあるのです。「自分にはスキルは特にないし…」と尻込みせずに、他の人が提供しているサービスをぜひ覗いてみましょう。多種多様なサービスが溢れており、「自分だったらこんなことができるかも!」というアイデアがきっと見つかるのではないでしょうか。

オンラインショップ運営

子供が小さいうちは保育園や小学校から袋やカバンなどの手作り品をお願いされることもありませんか?ミシンやモノづくりが苦手な人にとっては結構苦痛な話のはず。ですがもし、あなたがそれを得意な人であれば、自分の子供の分を作るときについでにたくさん作ってネットで売ることもできるのです。また、アクセサリーや洋服、インテリア雑貨など、本格的にモノづくりを始めてハンドメイド作家としてオンラインショップを運営すれば立派な副業として成立するかもしれません。ハンドメイド以外には、例えば地域限定や期間限定のもの、マニアックなもの、流行のものなどを仕入れて売ることもできます。オンラインショップ運営には、材料や商品のための初期投資や、仕入れや輸入(海外と取引する場合)の知識やノウハウが少なからず必要なので、他の職種よりは副業としてのハードルは高いです。自分の作ったものや選んだもの、好きなものに愛着と知識があり、それをお客様に届けることに情熱を注げる人におすすめです。オンラインショップ自体は無料で簡単に本格的なものがつくれるサービスが充実しているのでぜひチャレンジしてみましょう。

不要品販売

最も手早く収入を得たい場合におすすめなのが不用品販売です。クローゼットに眠っている着なくなった洋服や小さくなった子供服、使っていない贈答品や不要になった家具、読み終わった本や飽きてしまったゲームなど、フリマアプリやネットオークションを使ってどんどん売ってしまいましょう。不用品販売で一番重要なのが商品写真と商品説明文です。買う側からすればネット上で中古のものを買うということは少なからず不安があるはず。なるべく魅力的に詳細がわかるように売りたいものの写真を撮り、傷や汚れがある場合は正直に説明文に書いておきましょう。「こんなモノが??」と思うものでも意外と売れることもありますよ。他の人が何をどのくらいの値段で出品しているのかをよく観察してみましょう。

アフィリエイト

自分のブログやホームページに売りたい商品やサービスの広告を掲載し、訪問者がその広告をクリックして商品やサービスを購入すると成果報酬が得られる仕組みをアフィリエイトと言います。広告主とアフィリエイターを繋ぐ役割を行なっているASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録することで、そのASPが取り扱っている広告が使えるようになります。副業として考えた場合、アフィリエイトのメリットは初期投資がほとんどなくすぐに始められることと、得られる報酬に上限がないので一度仕組みを作ってしまえば日々の努力がどんどん蓄積され報酬アップを目指せるということです。デメリットは即金性がないことと、勉強しながら正しい方法でじっくりと継続する必要があるということを覚えておきましょう。日々の日記や雑記として既にブログを書いている人であればアフィリエイトについての知識を勉強し、そのブログから報酬を得られる仕組みにしない手はありません。

スポンサーリンク

シングルマザーの副業探しに役立つおすすめサイト8選

クラウドワークス

クラウドソーシングは日本最大の「クラウドワークス」
日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」実績のあるプロに依頼・発注できるから安心クオリティーでどこよりも早くリーズナブル!ホームページ作成、アプリ・ウェブ開発やロゴ・チラシ作成、ライティング、データ入力まで、幅広い仕事に対応!

クラウドワークスは上場企業が運営している日本最大級のクラウドソーシングサイト。官公庁や大手企業の案件もあり、案件の豊富さと初めての利用者にも手厚いサポートサービスが特徴です。仕事のカテゴリーは200種類以上あり、経験不問・スキル不要の案件も多くあるのですぐにでも仕事を始めることができます。

Bizseek

Bizseek(ビズシーク)クラウドソーシング
Bizseek(ビズシーク)は業界初のクラウドソーシングです。信頼できるプロと仕事がしたいクライアント様と、責任感を持って仕事をしたいワーカー様の声に応え、プロとプロの仕事場として誕生!

同じくクラウドソーシングサイトのBizseek(ビズシーク)は、大手であるクラウドワークスよりも一回り手数料が安いことが魅力です。また、登録しているワーカーも大手サイトより少ないので、案件に対する競争率が低く初心者にとっては仕事が受注しやすいのも特徴です。

タイムチケット

タイムチケット | 個人の時間を30分単位で売り買い
タイムチケットは個人のチケットを30分単位で売り買いできるサービスです。ビジネスやマーケティングのコンサルティングから写真撮影の依頼、恋愛や結婚相談まで、...

「わたしの30分、売りはじめます。」がキャッチコピーのタイムチケットは、30分単位で自分のスキルや経験を販売できるサービスです。その内容は「プロフィール写真撮影します」や「ワードプレスの使い方教えます」といった実用的なものから、「恋愛相談にのります」「1人で行きづらいイベント行きます」など日常的なものまで様々。実際に会わなくてもできることならスカイプやLINE通話で場所を選ばずサービスを提供できるので、アイデア次第で可能性は広がりそうです。

ココナラ

ココナラ - みんなの得意を売り買い スキルマーケット
ココナラは「知識・スキル・経験」など、みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルマーケットです。友達に聞かれたり、お願いされるような「あなたの得意」を簡単出品。恋愛の相談から本格占い、キャッチコピー・ロゴ・イラスト作成まで何でも売り買いできます。

ココナラも知識・スキル・経験などを気軽に売り買いできるスキルマーケットで、ユーザー同士で500円から気軽に売り買いできます。ココナラで人気の高いサービスとして、イラスト・似顔絵、また、占い・カウンセリング・コンサルなどの相談系も多いのが特徴です。通常の出品以外にも、有料オプションや「おひねり」と呼ばれる追加支払いの機能なども便利です。

スキルクラウド

占い・拡散・レポート代行の副業スキルシェアならスキルクラウド
スキルクラウドでは、スキル・ノウハウ・時間を出品・販売、安価に購入することができます。占い・拡散・レポート代行等の副業に最適なスキルシェア・スキルマーケットプラットフォームです。得意なことで生きていく スキルクラウド

スキルクラウドは2018年にサービスを開始し、スキルシェアサービスの中では後発ですがその分ライバルも少ないのが特徴です。美容・ビジネス・育児・家事・イラスト・相談などジャンルは様々。サービスの種類として、メールの往還や画像やファイルなどの添付で取引を行う専用ルームと、直接サービスの提供を行う対面型・教室型を選ぶことができます。スキルクラウドでは「オーダースペース」があり、カテゴリーにないサービスのリクエストも独自に依頼されているので、その中から自分が提供できそうなものを選ぶ方法もあります。

ミンネ

minne | ハンドメイド・手作り・クラフト作品のマーケット
minneは手作り・クラフト雑貨などの販売・購入が楽しめる国内最大級のハンドメイド通販サイトです。1000万点以上の作品の中からきっとあなた好みの作品に出会えます。アクセサリーやファッション、バッグ、インテリア家具なども簡単に販売できます。

ミンネはハンドメイド作品の販売ができる国内最大級のハンドメイド通販サイトです。アクセサリーや洋服、アート作品、印刷物、食べ物まで幅広いハンドメイドを取り扱っており、客層は20〜30代の女性が9割です。ミンネを見ている人はそもそもハンドメイド作品に興味があるお客様が多いので自分の作品を購入してもらえる可能性が高く、特集などに掲載されると閲覧数もグッと上がります。もともと趣味でモノづくりが好きな人は、ミンネで販売して購入してもらえる作品のクオリティーと見せ方や顧客対応を研究することで、売れっ子作家を目指してみましょう。

BASE

BASE (ベイス) | ネットショップを無料で簡単に作成
ネットショップ作成が30秒で。しかも無料。ネットショップをつくるのに、もう「勉強」と「お金」は必要ありません。今までECサイトを作りたくても時間・お金・技術さまざまな理由で始められなかった、そんな全ての方の悩みを解消するサービスです。

専門的な知識がなくても簡単にネットショップがつくれるBASE(ベイス)は、初期費用・月額料金ともに無料で利用できるのが魅力です。ハンドメイド作品に限らずどんな種類のショップでもいいので、自分の世界観を存分に発揮したオリジナルのネットショップをつくることができます。BASEの特徴として、ブログや商品検索などショップにより充実した設定や機能を追加することができ、有料ですがプロが作成したデザインテンプレートも豊富にあるので本格的でクオリティーの高いネットショップをすぐに始めることができます。

マクロミル

アンケートモニター募集中|マクロミルモニタサイト
アンケートモニターを募集中!無料モニター登録して現金やTポイント、各種ギフト券と交換できるポイントを貯めよう。【業界最大手】マクロミルのアンケートサイト。

業界最大手のアンケートサイト。モニター会員として登録しておけば、様々なアンケートに答えることでポイントが貯まっていきます。ポイントは1ポイント=1円相当として現金や商品に交換可能です。隙間時間にスマホで簡単にできるWebアンケートがもっともベーシックですが、副業というより月1,000円程度のお小遣い稼ぎのイメージ。もっと稼ぎたい人は商品モニターや座談会、会場調査にも参加していきましょう。

シングルマザーが副業で失敗する理由

思ったより稼げなくてすぐに辞めてしまう

「副業でしっかり稼ぐぞ!」と意気込んで始めたものの、全然稼げなくてすぐに辞めてしまうパターンです。副業を始めて最初の頃は、「結構頑張ったのにこれだけ…??」と思ってがっかりしてしまうこともあるでしょう。副業は最初からたくさん稼げるものではありません。コツコツと長く続けることで顧客からの信頼や自分の実績、試行錯誤した結果が蓄積され報酬が上がってくるものです。本業との兼ね合いもあり、最初はうまく時間配分ができなかったり、サイトの使い方や顧客とのやり取りに慣れていなかったりは当たり前ですよね。「副業である程度の報酬を得られるようになるためにはある程度の期間の継続が必要!」と最初から割り切って頑張ってみましょう。そもそも本業だけで満足できるのなら無理をして副業する必要など最初からありません。あなたが副業してみようと思った理由は何でしたか?少しでも収入を増やしたかったり、働き方を見直したかったり、現状を変えたかったのではありませんか?その気持ちを思い出し、根気よく副業を継続することで得られるものは必ずあるのです。

いろいろやりすぎて全て中途半端

副業を始めるにあたって現在では様々なサービスやサイトが充実しており、誰でも簡単にいろいろな仕事を始められる環境が整っています。だからといって一度にいろいろな副業を始めてしまうと全て中途半端になり、思ったような成果も出ずモチベーションも下がってしまうことがあります。また、複数のサイトやサービスでアカウントを持つことにより、顧客との連絡や仕事のスケジュール管理がややこしく混乱してしまう場合が考えられます。シングルマザーにとって1日24時間という限られた時間の中、本業に加えて副業もやるとなれば相当器用に効率よく時間配分していく必要があります。まずは何をやるか一つを決めて、ある程度の成果が出るまで続けてみることをおすすめします。

本業の会社が副業NGだった

副業を始める前に、本業の職場で副業を禁止していないか就業規則を必ず確認しておきましょう。副業NGなのに副業をしてしまっては契約違反になり、最悪本業をクビになってしまうこともあります。本業がアルバイトやパートであれば問題ないことがほとんどですが、正社員として働いている場合は特に気をつけましょう。

無理をして体調を崩してしまう

シングルマザーはその環境から基本的に頑張ることが得意です。今までにも様々な困難を乗り越えて子供のために、自分のために頑張ってきた人も多いでしょう。本業だけでは収入が足りず副業でそれを補おうと頑張る気持ちはとても大切ですが、シングルマザーが一番気をつけなければいけないことは「自分の身体と心の健康」であることを絶対に忘れないでおきましょう。副業で無理をして体調を崩してしまい、本業や日々の生活にマイナスの影響を与えてしまっては本末転倒です。例えば、毎日深夜まで副業をしていて寝不足で本業で大きな失敗をしてしまったり、本来休息できる時間に副業を詰め込みすぎてストレスを子供にぶつけてしまったりしては何のための副業だったのかわからなくなってしまいます。最大限頑張って結果を得ることと、頑張りすぎて失敗することは紙一重。そこの見極めをしっかりするということを、副業を始める前に肝に命じておきましょう。

シングルマザーの副業を成功させるコツ

副業にかけられる時間を正しく把握しておく

副業を始めるということは、今まで他のことに使っていた時間を副業にあてるということです。自分の今の日常生活から何を削って副業のための時間を捻出するのか、まずはしっかりと考えましょう。最低限確保するべき睡眠や食事の時間、子供との時間など、削るべきではないものを削って身体と心を消耗させていてはいい成果は得られません。1日単位、1週間単位、1ヶ月単位で副業の仕事量と時間配分を考えてみるのもいいかもしれません。例えば、本業の毎日の通勤時間と休憩時間などの隙間時間を利用する。1週間の内、月・水・金だけ1時間早起きする。1ヶ月の内、第2・第4土曜日の午前中だけ在宅で子供を見ながら仕事をする、などです。最初は慣れるまで臨機応変に変更しながら自分に合った副業スタイルを見つけるのがいいですが、一度決めたらそれ以外の時間はダラダラとやらないと決めることも自分と子供の生活スタイルを守るためにはとても大切なことなのです。

しっかりとした目標設定をする

副業する時間を捻出できたら、次は明確な目標設定と計画を立ててみましょう。本業だけでも毎日充分忙しいはずのシングルマザーが副業しようということは、収入をどうしても増やしたいという明確な目標があるはず。しかし、漠然と「収入がもっと増えればいいなぁ」と思っているだけではそれはなかなか叶うことはありません。まずは数値が含まれる具体的な目標を立てて副業する意味と価値をより明確なものにしてみましょう。あなたは、いつまでに、どうしたいから、いくら稼ぎたいのでしょうか?目標設定する際には短期的な目標と長期的な目標、どちらも考えてみましょう。例えば短期的な目標であれば「今年の夏休みに、旅行に行きたいから、10万円貯める」。長期的な目標であれば「1年後に、今より広い家に引っ越すために、50万円貯める」。さらに長期的な目標であれば「10年後に、子供の大学進学に向けて、200万円貯める」などです。このように、できるだけ具体的に目標を数値化することで自分がなぜ副業をして何を達成したいのかがよく実感でき、副業の成功に繋がるのです。

副業する目的に合わせて職種を選ぶ

「収入をもっと増やしたい」というのは副業を考えるシングルマザーの共通意識ですが、
例えば、短期的に「どうしても来月までに1万円が必要」という場合と、長期的に「毎月5万円、自宅で無理のない範囲で稼ぎたい」という場合で選ぶ職種は変わってきます。また、高い報酬が得られそうだからという理由だけで自分の不得意な分野や全く興味がない分野を副業にしてもストレスが溜まるだけで効率よく稼ぐことはできません。既に持っている資格やスキル、経験を生かした仕事であれば未経験の分野よりはスムーズに副業で成功しやすいでしょうし、新しい分野であっても興味がありやってみたいことであれば学んで努力することも楽しく続けていけるでしょう。自分が副業する目的が何なのかをよく考えてそれに合った職種を選ぶことが大切です。

シングルマザーの副業に関する質問

シングルマザーの生活で必要な月収ってどれぐらい?

厚生労働省の平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果によると、母子世帯の平均年収は243万円となっています。この平均年収は、児童扶養手当などの社会保障給付金や別れた配偶者からの養育費なども含まれており、シングルマザーの就労収入のみの平均年収は200万円です。243万円を月収に計算し直すと、約20万円。就労収入だけで計算すると約16万円、手取りは約13万円ということになります。

【参考】
厚生労働省 平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告 16 ひとり親世帯の平成27年の年間収入
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11920000-Kodomokateikyoku/0000188167.pdf

シングルマザーの副業月収はどれぐらい?

こちらも、厚生労働省の平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果によると、副業しているシングルマザーの割合は全体の8.4%となっており、年間副業収入は「50万円未満」が68.1%と最も多いです。平均年間副業収入は47万円、月収にすると約4万円弱になります。

【参考】
厚生労働省 平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告 9副業の状況
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11920000-Kodomokateikyoku/0000188160.pdf

シングルマザーの副業の1日スケジュールはどんな感じ?

忙しい毎日の中でシングルマザーはいつ副業をしているのでしょうか。一番多いのは夜、子供が寝てからの22時〜24時の時間帯のようです。また、早朝の子供が起きる前や、朝に子供を送り出してから本業に出勤するまでの隙間時間なども。他には、本業は昼過ぎに終わるものにし、午後は副業しているというシングルマザーもいます。子供の年齢や本業の時間帯、ライフスタイルに合わせて皆それぞれ工夫しながら副業の時間を捻出していることがわかります。

コメント