シングルマザーの仕事とお金に対する不安の解決策は!?相談先も紹介

シングルマザー

不安を抱えながら暮らすシングルマザーの不安を、少しでも解消するために子育てに不安はつきもの。その上シングルマザーであれば、考えなければならないことが多く、自分ひとりが家庭を守らなければならないという思いで、一層不安も大きくなることは否定できません。
こうした不安を少しでも解消できるように、ひもといてみましょう。

スポンサーリンク

シングルマザーの仕事についての不安

安心して子育てをするためには、まずは、安定した職探しをすることが必要となります。
特にシングルマザーには、常に子育てと仕事を両立することが求められます。しかも、子どもの心のケアも考えなければなりません。
でも、すべての望みをすべてかなえる仕事は、どんな人にとってもありません。それがわかっているからこそ、シングルマザーとして、今後の生活を考えて不安も増大してしまうでしょう・
小さな子どもを持つママの場合は、保育園など、子どもの預け先がみつからないことで、就職活動すらできないこともあります。子どもが小学生の場合も、留守家庭児童保育に制限があり、利用が難しいこともあります。
常に子どもと生活を共にしていること、そして、子どもの生活すべてが、自分の肩にかかっていると感じること…こういった事実が、なお一層、シングルマザーの不安を大きくしています。

また、就職できたとしても、パートや非正規雇用の就労がほとんどなのが現実です。
そもそも、出産した女性が再就職するには、いくつもの壁があります。子どもが病気になったときに休めるか、残業になったときに子どもを預ける先はあるか…。雇用する側も、それをリスクと考えて、出産した女性の雇用に二の足を踏んでしまいます。
そういった壁の中で女性が就労するには、パートや非正規職員といった立場を選ばざるを得ないのが、現状です。

それは、シングルマザーにとっても同じことです。子どもを一人で養っていくのですから、「たくさん働きたいという思いはあっても、子どもに何かあったとき、動くことができるのは自分だけという可動率を考えると、やはりパートや非正規職員という立場での就労となります。
必然的に、経済的な余裕もほとんどなくなってくるというわけです。

スポンサーリンク

シングルマザーの経済的不安

どのような形でシングルマザーになったとしても、ママが一番不安に感じるのは、経済的なことではないでしょうか。

残念ながら日本では、女性が男性と同じように働き、子どもを育てることが難しい状況です。

特に、シングルマザーにとって優しい社会ではないと言っても過言ではありません。
シングルマザーの家庭の年収は、一般家庭よりもずいぶん低いです。子育て世帯に厳しいと言われる社会では、毎日生活をするのもやっとだと考えられます。

そんな中で、子どもの教育費も支払わなければならないので、出費はかさみます。

2020年度から高校は無償化となりましたが、学校の教育費だけではありません。子どもの個性や将来の夢に応じて、習い事や塾などが必要となるときもあるでしょう。また、大学に進学する場合は、国立の文系でも入学年度に必要なお金は、80万円以上だといいます。子どもの教育を考えれば考えるほど、教育費が必要となり、経済的不安につながる、負のループになってしまいます。

また、養育費をもらっているシングルマザーは、多くはありません。「相手とかかわりたくない」「相手に支払う意思がない」といった理由で、慰謝料だけでなく、養育費を支払ってもらえないシングルマザーが半数以上です。また、裁判所が定めた養育費算定表でも、相手の収入とママの収入と合わせて算定されていますが、十分な額とは思えない金額です。2019年に改定され、少し金額があがりましたが、それでも十分な額ではありません。

「児童扶養手当」も、養育費が収入に含まれるため、養育費をもらっている場合、児童扶養手当の支給額が減ってしまうことになり、結果的に、収入は低いままとなってしまいます。
こうしたことが、シングルマザーの経済的不安の原因であると考えられます。

スポンサーリンク

シングルマザーの不安を解消するための相談先

こうした「就職難」「経済的不安」を少しでも解消するためには、どうしたらよいのでしょう。
子どもの成長と共に、ママの環境も変化していきます。まず、子どもが今、何を必要としているのか考えてみましょう。
できるだけママと一緒にいられる環境を必要としていますか?
勉強で困っていて、塾などに通うことを願っていますか?
お金がかかる部活動をやりたいと願っていますか?

子どもの願いと共に、ママの職探しも変化します。「安定した給料体制」を望むのか、「子どもと一緒にいる時間が多く取れる職」を望むのか。子どもが成長するにつれ、就職可能な条件が変化していくことを、まず念頭におきましょう。

できれば子どもと話し合いながら、家庭に合うスタイルの仕事について考てみるとよいでしょう。

またママが、自分自身のことを見直すことも大切なプロセスです。今までの職経験をみつめなおしてみましょう。資格は持っていますか?資格があるならば、それを生かした仕事を探すことができます。自分の強みを知ることが、シングルマザーがやるべき一番の就職活動でもあるといえます。

職探しには、「マザーズハローワーク」などを利用することもおすすめです。施設内にはキッズスペースなどもあり、小さな子どもを持つママも、気兼ねなく足を運ぶことができます。託児付きの再就職支援セミナーや、子育てと仕事の両立を目標とした就労支援などを受けることも可能です。

また、子どもが病気になったときはどうするか、預け先などの確保も必要です。周囲に頼れる人がいないときは、自治体のサポートだけでなく、NPO法人や、ファミリー・サポート・センターなどを利用することも考えてみましょう。

残業があるときや、急な土日出勤などのために、自分はどのように動けるのか、子どもにはどのように備えてもらうのか、親子で話し合いができるといいですね。

教育費の不安を軽減するためには、奨学金の利用も検討してみましょう。国の給付型の奨学金や、ほかの奨学金、また授業料を減免できる大学もあります。子どもの将来を明るいものにするために、子どもと話し合って、どのような方法を取るのが、自分たちのスタイルにあるか、考えてみましょう。

一つ、決して忘れてはならないことは、シングルマザーであるとはいえ、「一人で子育てをするのではない」ということ。助けを求めれば、それに応じたサービスを受けられること、一緒に悩んでくれる機関があることを忘れてはなりません。

一人で悩んでいないで、NPO法人などに相談してみましょう。シングルマザーのサポート団体は、ママたちの心強い味方です。ファミリー・サポート・センターもまた、心強い味方です。話をするだけで少し心の負担も減りますし、解決の糸口がみつかるかもしれません。

一人で途方に暮れ、どうしても困ったときがあるかもしれません。
そんなときは、厚生労働省の「電話相談」で相談してみてはいかがでしょうか。電話相談の窓口は以下です。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_tel.html

シングルマザーの就職、経済的な不安について、少しでも不安を解消し、子どもと一緒に笑って生活をするために、一人で悩むのではなく、行動に移してみませんか。
子どもにとって、一番の幸せは、ママが笑顔でいることなのです。

コメント