シングルマザーに看護師が人気の理由とは?働きやすい診療科を紹介

シングルマザー

子どもを抱えてのシングルマザーの就職活動は、とても大変です。
しかしながら、子どもと一緒に生活していくためには、就労しなければならない状況であり、また、その就労がママにとっても、子どもにとっても、より「良いもの
であると、生活への不安も少なくなると考えられます。
今回は、シングルマザーにおすすめの職業のひとつ、看護師を、詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

シングルマザーに看護師がおすすめの理由

看護師の職が、シングルマザーにおすすめの理由は、いくつか挙げられます。

まずは、収入がよいことです。

次に、資格を持っていれば、すぐに就職ができること。結婚や出産を機に、看護師の職を離れる方も多く、看護師不足が叫ばれる世の中です。就職活動をほとんどしなくても、就職することができます。
そして、長く勤められること。どんなに良い給料で、待遇などが良くても、「解雇されるかもしれない」という不安があると、安心して働けません。ほかの職業と比較すると、看護師はそれが少ないのです。
これらの条件は、やはりシングルマザーにとって、ありがたいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シングルマザーが働きやすい病院や、診療科

看護師と言っても、さまざまな病院やクリニックなどがありますから、働き方もそれぞれ異なってきます。ですから、子どもや自分の状況を考えると、働きやすいと感じるスタイルも異なってきます。
どのような勤務先があり、状況なのか、一般的なものをいくつか見てみましょう。

クリニック(個人医院や診療所)

クリニックのほとんどは、土曜日は午後から、そして日曜日・祝日は休診のところが多いです。子どもと休日を過ごせるということは、ママとしてうれしい職場となるのではないでしょうか。

病院の日勤、または外来看護師

病院に勤務する看護師には、日中勤務する「日勤」と、夜勤務する「夜勤」があります。就職する際に病院と相談して、日勤にしてもらえれば、夜は家で過ごすことができ、子どもとの時間も確保できます。

また、総合病院の外来看護師であれば、クリニックの看護師と同じように、土日や祝日はお休みとなり、また、夜も家で過ごすことができます。

夜勤がない分、給料は少なくなりますが、特に、小さな子どもを育てている場合は、こういった施設で働くのもおすすめです。

終日対応の託児所、保育所のある病院

病院によっては、独自の託児所や保育所のあるところがあります。こういった病院で勤務できれば、たとえ夜間の勤務があっても、安心して働くことができます。
職場内に子どもがいるという安心感は、うれしいですね。

公立病院

公立病院で勤務する場合、国家公務員看護師として働くことになります。福利厚生もしっかりしている上に、休みもきちんと取ることができ、残業も少なく、定時で帰宅することができます。
病院の経営は、地方公共団体です。人手が足りなくて困っているということはないのが実情です。 そのため、残業も少なく、仕事も大変…ということが、民間病院と比較して、少ないところが、シングルマザーにとってうれしい職場です。

スポンサーリンク

シングルマザーの看護師としての収入状況(平均年収など)

2018年の厚生労働省の「全国ひとり親世帯調査結果報告」によると、シングルマザーの平均就労年収は200万円です。これと比較すると、35歳、シングルマザーの看護師の平均収入は、非管理職であっても500万円ほどあります。
一般家庭と比較すると、やはり低いものではありますが、シングルマザーが一人で子どもを養うことを考えると、ありがたいことは否めません。
また、キャリアアップをすれば、年収も高くなります。認定試験を受けて認定看護師なる、また、勤続年数が増えれば、キャリアアップすることもできます。

シングルマザーが看護師で大変なこと

なんといっても、看護師の仕事は激務に違いありません。
医師との連携や、患者への気遣いなど、精神的にも負担がかかることがあるかもしれません。また、他人の身体・健康に関する仕事でもあるので、負う責任も大きくなります。休む時間も少なく、疲弊して帰宅する毎日が続くと考えると、気持ちに余裕がなくなり、家で子どもとの時間をゆっくりと楽しむ時間も少なくなるかもしれません。

また、周囲に頼れる親族などがいないと、子どもの急な体調不良などの場合、対応が難しくなることが考えられます。必要とされている職だからこそ、急な休みも取りにくいのも現状です。

また、経済的な補助を受けにくいというデメリットもあります。これは、年収がそれなりにあるからこそのデメリットなのですが、シングルマザー向けの手当てなども、所得制限でもらえないというケースがあります。

シングルマザーが看護師になる方法

看護師になるには、資格が必要です。「資格取得は大変」と、あきらめるのではなく、上に記したメリットなどを考えて、チャレンジするシングルマザーも多いです。実際、看護専門学校生徒の約30%は、社会人だといいます。

実は、そういったシングルマザーを支援する制度があるのも、看護師が、シングルマザーにおすすめの理由なのです。

看護師になるには、3~4年、専門学校や短大、大学などに通う必要があります。学費は300万円以上かかるので、支援制度があるのは、うれしいですね。

資格取得のために1年以上通学する場合に、最大で月額10万円の給付を受けられる「高等職業訓練促進給付金等事業」。修了後には最大5万円支給されます。通学している間は、就労することが難しいので、生活の負担軽減のために給付されます。また、入学時の負担軽減のためには、「高等職業訓練修了支援給付金」が支給されます。

資格取得にかかる費用を、無利息または1.5%の利子で借りることができる「母子父子寡婦福祉資金貸付金」があります。技能習得資金として、無利息で貸し付けを受けられる制度です。

ほかにも、利息はかかりますが、毎月の学費や生活費を借り入れられる「日本学生支援機構」、入学金などのまとまったお金が必要なときに利用できる「日本政策金融公庫」などがあります。

また都道府県が、看護学生を支援するための奨学金制度「看護師等修学資金貸与事業」や、奨学金制度がある病院もあります。その病院で一定期間就労することで、返済が免除されることもあります。
ハローワークに求職申し込みをし、「職業訓練などの支援を行う必要がある」と認められた場合に受け取れる「職業訓練受講給付金」もあります。

こういった制度を受けるには、個人の収入の上限が決まっていたり、世帯ごとの収入上限が決められていたりと、さまざまな要件がありますが、各自治体などで確認をして、受けられるものがあれば、積極的に利用して、資格取得を目指してみてはいかがでしょう。

働くことは、どんな職業であっても大変です。そして、シングルマザーが、子育てをしながら働くことは、それ以上に大変です。資格取得は大変ですが、制度をうまく利用して、少しでも、子どもと一緒にたくさん笑っていられるくらしができるといいですね。

コメント