シングルマザーの生き残りをかけて?!プログラマーへの道!

仕事

シングルマザーの毎日はとても忙しく、朝から晩までとにかく時間との戦いです。家計を支えるための仕事、そして育児に家事を一人でこなし、もちろん自分のことにも時間を使いたいですよね。少しでも効率をよくするために、仕事は高時給であることに越したことはありません。今回はシングルマザーの仕事の選択肢としておすすめできる、プログラマーについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

シングルマザーにプログラマーがおすすめの理由

高い報酬を狙えるプログラマー、シングルマザーは高給取りを目指すべし!

プログラマーとは「プログラム言語」を用いてコンピューターを動かす様々なシステムをつくる仕事です。

IT系の人材需要は現代社会において確実に伸びており、市場でのニーズが高く、スキル次第では他業界に比べて高い報酬が得られるのです。

ここで、IT系なんてハードルが高そう、プログラマーなんて難しそう、スキルを得るなんて大変そうと思った方も多いと思います。

そう、ハードルは高いし、難しいし、大変な仕事だからこそプログラマーは高い報酬が得られるのです。世の中の仕組みとして、ハードルが低くて、簡単で、楽な仕事は安い報酬、その逆は高い報酬、というのは当たり前。

どちらがいいと考えるかは人によって違いますが、一人で家計を支えるシングルマザーは、同じ時間を使うなら高い報酬を得られる仕事についた方が効率よく、それによって得られる自由や可能性のためにプログラマーという仕事にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

プログラマーは経験とスキルを蓄積しレベルアップできる

プログラマーになるには、学歴や肩書き、資格などは基本的には一切必要なく、年齢制限や性別による優劣もありません。

まさに完全実力社会なので、ライフスタイルの変化を乗り越えこれから奮起しようとするシングルマザーにとってはおすすめの仕事です。

プログラマーという仕事は、勉強すればするほどスキルが上がり、仕事をやればやるほど経験が蓄積され、自身のレベルアップ、つまりキャリアアップや年収アップにつながっていく仕事だと言えます。

子供と自分のこれからの長い人生、どのように働きどのように生きていくかを考えた時に、その場しのぎの仕事ではなく、未来の可能性につながる仕事を選ぶことがシングルマザーにとっては大切なのです。

シングルマザーにおすすめ、プログラマーで在宅勤務という選択肢

シングルマザーの仕事としてプログラマーをおすすめするもう一つの理由として、在宅で働けるということがあります。

プログラマーは極端に言えばパソコン1台さえあればいつでもどこでもできる仕事。外に働きに出る場合は、いくら職場環境にめぐまれていたとしても在宅勤務ほどの自由はありません。

また、少しでも時間を無駄にしたくないシングルマザーにとっては通勤時間でさえもったいないのです。プログラマーとして在宅勤務ができるようになれば、毎日のスケジュールは自分で好きなように決められ、子供との時間や自分の心のゆとりも少しでも増やすことができるのです。

スポンサーリンク

シングルマザーがプログラマーになるには?

一番の近道、プログラミングスクールに通う

シングルマザーがプログラマーになるには、多少のお金がかかったとしてもまずはプログラミングスクールに通うことが一番の近道です。

どのプログラミング言語も、全くの未経験から独学だけで実務レベルの技術を習得するには相当の努力と意思の強さが必要になります。

プログラミングスクールなら先生や仲間とコミュニケーションをとりながら学べることでモチベーションの維持にもつながり、将来の仕事に繋がるネットワークづくりや、業界の情報収拾も同時にできるのでおすすめです。

また、スクールと聞くと通学しなければならないイメージがありますが、オンラインで受講できるスクールなど選択肢はいろいろあります。最近では無料体験が受けられるスクールもたくさんあるので、どのプログラミングスクールが自分に合っているのか試してみるのもいいですね。

遠回りでもコツコツと、独学しよう

金銭的にスクールに通う余裕がなかったり、毎日の生活で精一杯で今はスクールに通えるほど時間的に余裕がなかったり、シングルマザーの状況は様々です。

そんな場合は、毎日ほんの少しずつでもいいので独学でプログラミングを学んでいきましょう。

独学というのは孤独で心が折れそうなイメージですが、スクールに通ってプログラマーとして仕事ができるレベルになれたとしても、常に変化し続ける業界に適応するために自分で学び続ける姿勢はプログラマーにとっては必須です。

自分で情報を調べ、自分で学ぶ力があるということは、そもそもプログラマーに向いているということなのです。

最近では、プログラミング学習の動画や書籍、また最初は無料で始められるオンライン学習サービスなども充実しているので、自分がやりやすいものから始めてみましょう。

スポンサーリンク

未経験でも大丈夫?シングルマザーのプログラマーとしての就職状況

シングルマザー、未経験プログラマーとしての就職は困難?

プログラミング未経験であってもプログラマーとして就職することは可能です。

就職して組織で働く場合、プログラマーにとってプログラミングは仕事の一部であり、仕事を進めていく上でのチームワークやクライアントとのコミュニケーションといったビジネススキルや人間力が重視されます。

ただ、プログラマーは専門的な技術力が求められるため、未経験の場合は一人前に働けるようになるまでには時間がかかります。

そのため、会社に採用してもらうためには、プログラマーとして働き続けるやる気や覚悟が本当にあるのかをきちんと見せることが重要です。

例えば、実際に自分でつくってみたWEBサイトやアプリケーションなどがあれば、アピールにつながるでしょう。

とは言え、未経験の分野で組織に属するということは、子供を持つシングルマザーにとってはそうそう簡単なことではありません。

シングルマザーで小さな子供を育児中となると、さすがに未経験者をわざわざ受け入れる会社も多くはないというのが現実です。

フリーランスで在宅プログラマーという選択肢

シングルマザーがプログラマーとして就職できない。その場合、フリーランスで在宅プログラマーという選択肢もあります。フリーランスプログラマーを目指す場合、何の実績も経験もない人にいきなり仕事が入ることはまずあり得ません。まずは知り合いのお店のWEBサイトをつくらせてもらったり、クラウドソーシングや仕事紹介サイトなどで小さな仕事を確実にこなしたりして実績と経験値を積み上げていきましょう。また、今や誰もが自己主張できる時代です。自分のWEBサイトで仕事の実績をアピールしたり、SNSなどで仕事を募ったりして積極的にネットワークを広げていくことが大切です。

コメント