シングルマザーが辛いときの解決策は?どうすればいいか解説

シングルマザー

仕事、子育て、家事に追われるように毎日を送るシングルマザー。
すべてをひとりで担うのは、想像以上に心身への負担も大きいものです。
経済的にも時間的にもギリギリのシングルマザーの生活は、辛いことや苦しいことの連続。
ここではそんなシングルマザーが抱える辛さの理由や、その解決方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

シングルマザーが辛い理由

ひとりでの子育てが大変

シングルマザーが辛いと感じる理由で一番多いのは子育て。
仕事と家事をこなしながら、子育てもひとりで担っていくのは想像以上に大変なことです。
忙しさのあまり、子どもとのコミュニケーションがしっかり取れていないのも大きな悩みのひとつとなっています。
また子どもの体調が悪いときの看病もひとりで行わなくてはなりませんし、自分の体調が悪くてもゆっくり休むことができません。近所に父母などの頼れる人がいればいいのですが、多くのシングルマザーは頼れる人がいない環境の中で生活を送っています。ベビーシッターなどの利用も、その料金のことを考えるとハードルの高さを感じ断念する人も少なくありません。
どんなに疲れていても、ゆっくり眠りたいときでも、それが叶わないのがシングルマザーにとって一番の辛さ。子どもが見せる満面の笑みや、時々かけてくれる優しい言葉だけを支えに、心身ともに限界ギリギリの毎日を送っています。

園や学校の行事になかなか出席できない

シングルマザーにとって、子どもとの生活を維持していくために必要不可欠な仕事。子どもが小さい時は病気になることも多いため、仕事を早退したり休んだりする日がどうしても多くなります。仕事を休むということは職場に負担や迷惑をかけるだけでなく、非正規雇用の場合は自分の収入も大きく減ってしまいます。それはそのまま家計に直結するため、生活自体も苦しくなります。本音を言えば園や学校の参観日や運動会、お遊戯会等にも出席したいのですが、なかなかそこまでは休みを取りにくいというのがシングルマザーの辛い現実。
「何で来てくれないの?ほかのママは来ているのに…」「お仕事、休めないの?」などの言葉を子どもから投げかけられると、それが深く胸に突き刺さります。事情を説明してもうまく伝わらず、子どもの寂しそうな表情が自分の罪悪感を大きくし、言葉にならない苦しさへと変わります。園や学校の楽しい行事は、シングルマザーにとって辛く切ない一面も併せ持っているのです。

就職先が決まらない

小さな子どもがいるシングルマザーの場合、正規職員としての採用はもちろん、パートやアルバイトなどの非正規雇用であってもなかなか就職先が決まらないという厳しい現実があります。面接などでよく聞かれるのが、何かあった時の子どもの預け先。子どもが病気になった場合などに、預かってくれる身内がほかにいるのかどうかということです。預けられる人がいればクリアできる問題なのですが、いない場合は突然仕事を休むケースが多くなる可能性があるため、シングルマザーの就職は非常に難しいという現実があります。最近ではシングルマザーの就職は特別珍しいことではなくなってきているものの、「急に休まれると困るから」という理由で不採用となるケースは少なくありません。まるでリスクを背負っているような気持ちになり、就職先を探すシングルマザーにとって心が折れそうになる辛い経験となってしまうこともあります。

収入が少ない

正規職員としての就職が難しいシングルマザーの場合、止むを得ずパートなどの非正規職員として働く人の割合は4割を超えています。当然のことながら収入は正規職員として働く人の金額よりかなり少なくなり、雇用も継続されるかどうか分からず、不安定な立場での勤務となります。何よりも収入が少ないことがシングルマザーにとっては大きな痛手。子どもを育てていくためには健康や成長を維持するために必要な最低限の生活費や、成長するにつれて少しずつ負担が増える教育費の確保も重要となります。裕福な生活までは望まないとしても、シングルマザーという立場だからこそ万が一の時のための貯蓄もしておきたいところですが、非正規雇用ではそんな余裕はありません。収入が少ないと貧困へと繋がり、生活が不安定な状況に置かれていることが辛くなり、心身ともに疲弊していく原因となります。

孤立感が強くなる

とにかく毎日が忙しいシングルマザー。朝から夜まで仕事・家事・子育てに追われ、自分の時間は全くありません。学生時代の友人と会ったり話したりする余裕はなく、園や学校の行事などにもなかなか出席できないため、ママ友を作るきっかけもないまま、時間だけが慌ただしく過ぎていきます。ふと気付くと愚痴や悩みを打ち明けられるような存在がいないことに強い孤独や孤立を感じ、いつの間にか「ひとりぼっち」になってしまったような寂しさに襲われます。子どもとの生活を守るために精一杯で自分のことは後回し。止むを得ないことなのですが、友人との関係はどうしても疎遠になってしまいがちなのがシングルマザーの辛いところでもあります。しかし孤立感が心の不調を招くきっかけとなるケースもあるので注意は必要。頻繁に連絡するのは難しいという状況を周りに理解してもらい、自分の人間関係も大切に維持していけるように心がけましょう。

スポンサーリンク

シングルマザーが辛いときの解決方法

相談や助けを求めることも必要

仕事に子育て、家事をひとりで担っているシングルマザーは、何でも「ひとりで決めて」「ひとりでやる」ことが当たり前になっていて、困ったことがあっても周りに相談するという考えさえ持てなくなっている人が少なくありません。しかし何でもひとりで抱え込むのには限界があります。経済力も体力も精神力もギリギリの状態で生活しているシングルマザーだからこそ、限界が来る前に相談や助けを求めることは決して恥ずかしいことではありません。親・兄弟といった身内や親しい友人、自治体の窓口などに相談すれば、解決策となる道を教えてくれる可能性も十分あります。できるだけ早い時点で相談することが大事なポイント。特に自治体の場合は手続等で時間がかかることも多いので、早め早めの相談を心がけましょう。

シングルマザーのママ友とも交流してみる

多忙な日々のため、どうしても人間関係が狭くなりがちなシングルマザーですが、いつも内側だけを見ていると気持ちも閉鎖的になってしまいます。時には外側に目を向けてみることも大切です。最近ではシングルマザー同士の交流も積極的に行われており、SNSなどを通じて連絡を取り合い、困ったときはお互いに助け合えるような関係を構築している人たちもいます。もちろん性格や価値観が合わないという場合は無理をしてまで仲間になる必要はありませんが、シングルマザーという同じ立場の人から様々な情報を得られる手段のひとつにもなります。もしかすると一生ものの友人と出会えるきっかけにもなるかも知れません。自分だけでなく子どものためにも、これまでの付き合い、そして新しい人との出会いも大切にしていく姿勢を失わないようにしましょう。

完璧じゃなくていい、頑張りすぎない生活

仕事、子育て、家事のすべてをひとりで担うシングルマザー。経済的にも時間的にも余裕がない中、子どもとの生活を守るために一生懸命頑張る日々を送っています。
しかしあまり無理をしすぎると心身への負担も大きくなり、それがいつの間にか「病気」へと繋がってしまう可能性もあります。マラソン選手でもずっと走り続けることはできないように、シングルマザーもこれからの人生を考えたら全速力で走り続けてはいられないのです。肩の力を抜くこと、ひと休みすること、時にはサボることも大切。人生はすごろくのようなものなので先に進むこともあれば戻ることもある、さらに一回休みになることだってあるのです。長い人生だからこそ、「こうじゃなきゃいけない」という思い込みを取り払って、ちょっと楽に生きてみることも必要です。

辛いことが多いシングルマザーの生活

パートナーとの死別や離婚といった深い悲しみや心の傷を抱えながらも、子どもとの生活を守るために必死に働く日々を送っています。
辛かったことも、きっといつかは思い出に変わる日が来るでしょう。
しかしすべてをひとりで抱え込まずに、周りの人に「辛い」と訴えることも必要です。
誰かに相談し、少しでも楽になれる方法を見付ける勇気も持ちましょう。

コメント