養育費安心サポートの口コミ・評判!無理なく・罪悪感なく払ってもらえる

子育て

シングルマザーにとって一番不安なことは、相手に「養育費を支払ってもらえない」ということではないでしょうか。
養育費は、子育てしながら仕事をするシングルマザーの一つの支えでもあります。それでも、証書などで養育費の支払いの取り決めをしていても、実際に支払われなくなるパターンが多いのが現状です。日本法規情報株式会社によると、取り決めをしていても45%、していないと97%が支払ってもらえない状況にあります。

そもそも養育費とは、子どもが健康に、安心して成長していくために必要なお金でもあるのです。
支払われないとなると、シングルマザーの家庭生活そのものが危うくなり、子どもが安心して暮らせなくなるという心配があります。

そんな心配を払拭する保障が、日本法規情報株式会社の「養育費安心サポート」なのです。
それでは、どのようなものか、詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

養育安心サポートとは

養育費を安定して確保

「困っている相談者が専門家と出会える機会を増やす」ことを目的に作られた、「日本法規情報株式会社」。「養育費安心サポート」は、ここから生まれたサービスです。
状況に応じて、弁護士とも連携を取りながら、ひとり親世帯の安心を、より確かなものにする支援を届けるためにはじまったサポートです。
たとえば、証書などで養育費の取り決めをしているけれど、相手からの養育費がとまってしまったとき。
たとえば、今は養育費を支払ってもらっていても、将来的に不安なとき。
弁護士に依頼すると、着手金などの負担が重くなる上に、継続的な支払いを依頼することが難しいのですが、「養育費安心サポート」に加入すれば、養育費のうちの一部を保障金として支払うことで、養育費を安定して確保できるのです。

シングルマザー家庭へのサポート

養育費のみではなく、シングルマザー家庭の生活には、たくさんの不安があります。

まず、住環境です。DVなどを受けている場合など、相手側に知られないように引っ越したり、安全に暮らすためにオートロックの部屋を探してくれたりと、住居探しのサポートをしてくれます。

次に、就労です。子どもを育てながらの就職に必要な、時短勤務が可能な仕事や、託児所がある職場など、シングルマザーに合わせた仕事探しをサポートしてくれます。

そして、家計です。シングルマザーの家庭になると、これまでの家計と大きく変化します。そこで、家計診断をすることで、どのように今後の生活をしていくとよいのかを、一緒に考えてくれます。家賃や保険料などの生活費を診断して、これからの生活に必要なものとそうでないものを、専門家の目で判断して教えてもらえるので、どこに重点を置くべきか、自分でもよくわかるようになります。

このようなサポートは、「これから離婚する・したい」という人に特におすすめです。また、すでに離婚しているシングルマザーの家庭も不安要素がたくさんですから、このようなサポートが受けられることはありがたいですね。

スポンサーリンク

養育費安心サポートの仕組み

養育費安心サポートの仕組みを、具体的な例で見てみましょう。

Case1:相手が養育費を支払ってくれない場合

まず、離婚成立後、現在、相手からの養育費の支払いが滞っているCaseです。養育費が4万円と仮定します。

保障の開始は、申し込み後4ヵ月目からです。実際の保障料はかかりません。
4ヵ月経っても支払われていない場合、その月の養育費の半額分、2万円を、日本法規株式会社が支払ってくれる仕組みです。最低でも12回分の支払いを受け取ることができます。

この場合、相手側には各月4万円の支払いが請求されています。

Case2:離婚検討中、または養育費の支払いが継続中の場合

現在は養育費が支払われていても、今後が心配…というCaseです。同じく養育費が4万円と仮定します。
この場合、保障料として、養育費の10%を日本法規情報株式会社に支払います(初月のみ80%)。保障料を支払うことで、もし今後養育費の支払いが滞ったときに、立替金として毎月3
6千円の支払いが、確実に保障されます。

その上、最大40万円の法的関連費用をサポートしてもらえるのです。

相手側の「連帯保証人」になってくれる

支払われる側としては、日本法規情報株式会社が、代わりに養育費を立て替えてくれるという形に見えます。
が、実際のところは、保障料を支払うことで、日本法規情報株式会社が、相手側の「連帯保証人」になってくれるという仕組みになります。だから、相手への催促も、連帯保証人として立て替えた養育費の「立替金の返還の催促
となります。
Case1の場合は保障料の支払いはありませんし、Case2の場合は保障料の支払いがあるものの、立替金の中から支払われるので、実質的に支払う額はゼロになります。

スポンサーリンク

養育費安心サポートのメリット

催促するストレスがない

良好な離婚であったとしても、そうでなかったとしても、相手へ養育費を催促することは、大きなストレスとなります。養育費は、子ども、親権者が受け取るべきお金なのですが、催促することが罪悪感を生んでしまい、大きなストレスになってしまうことは否めません。

養育費安心サポートを受けていれば、相手側への催促は、日本法規情報株式会社が代わりに行ってくれます。そのため、自ら接触する必要もないので、安心です。

養育費の支払いをお願いするための、いちばんの問題が軽減されるというわけです。

すぐに立て替えてくれる

養育費の滞納が12回分になるまで、日本法規情報株式会社が切れ目なく立て替えてくれます。
立て替え分は、相手側にカウンセリングという形で催促します。これによって、相手側が催促に応えて、養育費を返済するようになることがあります。そうした場合は、カウントがゼロとなり、改めて12回分になるまで立て替えてもらえます。

法的関連費用をサポート

この費用は、将来、シングルマザーとして安定した生活をするために必要なものです。
相手側が12回以上支払いを滞納したときや、これから離婚したいと考えている方のために、最大40万円の法的関連費用が受け取れます。
法的手続きをすれば、元夫の給与を差し押さえることができるので、もし滞納が続いた場合も、養育費が確保できるのです。

養育費安心サポートの口コミ・評判

シングルマザーのほとんどが、養育費の問題で悩んでいます。そんな中、このサービスを受けたママは、どのように感じたか、個々の口コミごとに見てみましょう。

催促のストレスが減った

「私にとっては、毎月の催促がとんでもない大きなストレスでした。
元夫と話すこともいやだと思っていたのに、お金のことを話すのは、やはり負担がありました。かといって、泣き寝入りしてしまうのも、生活の不安が残ります。

このサービスを受けることで、私自身が催促しなくてもよくなり、その上、毎月支払ってもらえるようになったので、安心して生活ができるようになりました。

本来、離婚するということは、二人の間になんらかの障がいがあって行われるものです。ですから、話だけでなく、催促をすることに、大きなストレスを感じても仕方がありません。
サポートを受けることで、接触を回避することができるので、この大きなストレスが緩和されるということは、とてもうれしいことですね。

元夫が反省してくれた

「大変な思いをして離婚協議書を作って、養育費の取り決めをしたのに、支払いを拒否した元夫に、心底腹が立ちました。

カウンセリングによる催促で、元夫も、『自分は払わなければならない』と、親としての自覚と自己責任ができたようです。その上、支払わなかったことを深く反省もしてくれているようです。

元妻からの催促だと、流してしまう元夫も多いかもしれません。また、高圧的な催促だとすると、受け側としても心配になります。

「カウンセリング」という形で、話を聞きながら、「親」であるという自己認識を強めてもらえたことが、「元夫の反省」「支払おう」という認識に変化していくのでしょう。これは、受け側のママにとっても、心の負担も軽くなり、うれしい変化となりますね。

生活に余裕ができた

「仕事に育児とがんばっていましたが、やはり両立は難しいです。その上、『今月は養育費を支払ってもらえるのだろうか』という心配も常にあり、不安の毎日でした。節約ばかりしていました。

でも、このサービスに申し込んでから、『支払われないかもしれない』という不安はなくなり、月々の生活に余裕が出ました。今では、子どもたちと外食を楽しむこともできます。ありがたいと思っています。

現在、養育費が支払われていても、「今後支払われなくなったらどうしよう」という不安は常にあるものです。

そして、シングルマザーの家庭は、どれだけがんばっても経済的に苦労することが多いのが現状です。経済的に不安だからこそ、子どもを育てるために、養育費が必要なのです。

将来に不安ばかりを抱えていては、ママの心にも余裕がなくなります。「毎月支払われる」という安心感は、ママに心の余裕を与え、その余裕は子どもたちの笑顔につながります。

養育費安心サポートの料金

料金体系は?

今までも見てきましたが、ケースによって支払う料金が異なります。
相手側が養育費を支払ってくれないときは、取り決めてある養育費の半額を、保障金として支払うこととなります。

現在養育費を支払ってもらっている場合に申し込めば、養育費の10%を保障金として支払うことで、今後の養育費も保障してくれます。

うれしいのは、支払う保証金が分割払いであることです。毎月少しずつ支払う形であったり、本来支払われるべき養育費の中から保障金が支払われるので、実際に支払う必要がないという形であったりするので、一度に大きな負担をすることなく、養育費を確保できるという安心感につながります。

養育費は、「親」として、自分の子どもに対して負う義務の一つです。離婚しても、親権者でなくても、扶養の義務はあります。
それが支払われないということは、シングルマザーだけでなく、子どもの生活が不安に脅かされ、安心した生活を送れないということなのです。

「養育費安心サポート」を受けることで、子どももママも、安心して生活ができます。
毎日の生活を少しでも安心したものに変えたい…そう願うならば、「養育費安心サポート」を利用することも選択肢の一つになるのではないでしょうか。

コメント