母子家庭「生活費が足りない・・」こんな状況から救う3つの方法

子育て

母子家庭となり、生活費が足りなくて悩んでいる人は多いと思います。離婚して、やっと自由になれたと思っても、待ち受けているのが収入が少ないという問題です。

このような状況を打破して、経済的に安定する方法を解説します。

スポンサーリンク

なぜ母子家庭は生活費が足りなくなる・・?

母子家庭のお母さんたちは、子供が小さい場合、保育園に入れたとしても病気になるとお迎えに行く必要ができ、なかなか長時間外で働けません。

なかには、保育園に落ちて働けないひともいるでしょう。

また、子供が大きくなってから離婚する場合も、結婚している間、夫の収入があったので、パートなどの収入しかなかったひとも多くいます。

そうなった場合、離婚した後はパート収入だけになり、生活費が足りない状況になってしまいます。

スポンサーリンク

母子家庭で生活費が足りない状況から抜け出す3つの方法

転職する

母子家庭で生活費が足りず、今の仕事の収入が悪い場合は転職を考えましょう。

給料が低い仕事を続けても、いくら働いても収入は増えませんので、早めに転職するほうがいいです。転職する場合、女性に優しい職場を探すのがおすすめです。また、子供が小さく外で働きづらい場合は、在宅でできるリモートワークの仕事を探すといいでしょう。

女性に優しい職場で働く

近年、働き方改革関連法の影響で、残業・時間外労働、有給未消化への規制が厳しくなっています。

そのような法規制を避けるため、従業員を大事にしようとする会社が増えています。

さらに、人口減少・高齢化の影響を受け、女性に働き手を求める職場が増えています。

そのような会社は、女性のライフイベントへの理解が大きい傾向があります。

女性にとって、このような社会の流れは追い風で、理想とする働き方を諦める必要がなくなってきているのです。

このような会社を選ぶためには、女性に特化した転職サイトを利用することで理想の職場を見つけることができます。

→ 女性に優しい会社の求人に強い転職サイト

リモートワーク・在宅勤務で働く

毎日職場に行くのがつらい・・・という場合であれば、リモートワーク・在宅勤務という働き方があります。

リモートワーク・在宅勤務であれば、会社に出勤することなく、パソコンとインターネットを使う環境であれば、家で仕事をすることができます。

リモートワーク・在宅勤務というと、プログラミングやWebデザイナーの仕事のイメージが強いかもしれません。

最近では、経理・事務・営業・企画・管理など、リモートワーク・在宅勤務できる職種の求人が増加しています。

これまでの経験を活かしながら、リモートワークの正社員・契約社員として働く働き方は職場環境が家になるだけなので続けやすいですね。

条件のいい案件は比較的すぐに埋まってしまうので、会員登録して新着案件がアップされたらすぐわかるように設定しておくのがおすすめです。

→ リモートワーク(在宅勤務)の求人に強いおすすめサイト

再婚を考える

母子家庭でできることは限られているので、思い切り生活を変えるなら再婚を考えてみるといいでしょう。

もし、再婚することができたら、生活費がないと悩む生活から解放されることは間違いありません。

再婚したら、生活費がないという悩みだけではなく、精神的な支えも見つけることができます。

もし、時間があるなら婚活をしてみるのもいいと思います。

▶バツイチおすすめ婚活サイト・アプリ

母子家庭のための国の制度・支援を利用する

母子家庭には国がサポートする支援制度があります。手続きをしなければもらえませんので、あなたが住んでいる市役所や区役所にいって手続き方法を教えてもらいましょう。

児童手当

国からの金銭的援助として、児童手当・児童扶養手当を受け取りましょう。

児童手当の対象者は、日本国内に住む0歳以上から中学卒業までです。

これは母子家庭関係なく、子供がいる家庭に支給され、金額は子供の人数と年齢によって変わります。

月額5000円〜15000円の所得による上限があります。

児童扶養手当

児童扶養手当は、父親または母親のいない家庭や、父母に代わって養育している人を対象に支給される手当です。

児童数、所得により金額が変わりますが、全額支給の場合、40000円以上もらえます。

特別児童扶養手当

身体や精神に障害がある20歳未満の児童の保護者に対して支給される手当です。

自立支援教育訓練給付金

ひとり親家庭の親が、教育訓練を受講した場合、かかった金額の一部が支給される制度です。

国民年金・国民健康保険の免除・減額

国民年金や国民健康保険は、収入が少なければ免除・減額される場合があります。

保育料の免除・減額

母子家庭・父子家庭の保育料は、共働き世帯よりも安くなるように優遇されています。免除・減額については、自治体で内容が違う場合があります。

遺族年金

遺族年金の支給額は、士別の場合、夫の仕事内容や加入している社会保障・家族構成で支給額が変わります。

ひとり親家族等医療費助成制度

子供や子供と暮らしている親が医療機関を利用した場合の医療費の一部を助成する制度です。

寡婦控除

納税者本人が寡婦であると認められたときに受けられる所得控除のこと。
条件として、離婚や死別、生死不明などで夫がおらず、一定以下の所得で単身もしくは扶養親族・子どもと暮らしている方が受けられます。

交通機関の割引制度

JRやバスなどの交通機関では、母子家庭・父子家庭を対象とした定期券などの交通料金が割引になる制度があります。

スポンサーリンク

養育費の請求【諦めない】

離婚して養育費をもらえていないという人もいると思います。

養育費は、子供の教育費や生活費を、子供が社会人になるまでに必要となる費用のことをいいます。

離婚した場合、子供とは別々で暮らしている親は養育費を支払う義務が発生します。

養育費を必ず支払ってもらう方法として、離婚するときに「離婚公正証書」を作成する必要があります。

離婚公正証書を作成すると、毎月支払われる養育費の金額が定められ、支払われないときは財産を差し押さえることができます。

離婚するときに作成していなかったという人は、今からでも間に合います。

しかし、公正証書を作成する以前に遡って、養育費を請求することができないので注意が必要です。

公正証書を作成するにあたっては、なかなか簡単には作成に同意してくれない人もいて大変ですが、

今後の生活に大きな影響があることなので、諦めずに取り組みましょう。

▶リモートワーク(在宅勤務)の求人に強いおすすめサイト3選

▶女性に優しい会社の求人に強い転職サイト3選

▶バツイチおすすめ婚活サイト・アプリ

\ アフィリエイトで月5万円稼ぐ方法を配信中!/

 

コメント