不妊治療・妊活のために転職するときの会社の選び方

仕事・転職

こんにちは、はなです。
不妊治療(体外受精)を経て、子供1人出産した子育て中のママです。

不妊治療・妊活を始める前は、バリバリ残業もある正社員として働いていました。

そんな中、夫の男性不妊が発覚。男性不妊でも女性も不妊治療に取り組まなければならないため、不妊治療と仕事を両立していました。

この記事は、次のような悩みを抱えている人に向けて書いています。

不妊治療・妊活って、不定期に病院に通院しなければならないし、急に休む必要がある。そんなに今の仕事は休めないし、どうしよう。仕事と不妊治療の両立が難しい・・・

私もそんな悩みを抱えていました。

子供が欲しい、年齢的なタイミングもあるから、不妊治療に取り組みたい。

でも仕事がしたい人や生活のために仕事をする必要がある人にとっては、仕事の両立が必須ですよね。

今の会社では、なかなか仕事が思うように休みづらく、不妊治療との両立が難しいから転職を考えたい。

そんなふうに考えていました。

結論として、「時短勤務のできる仕事につく」「パートの仕事につく」「在宅で仕事をする」という選択肢のいずれかがおすすめです。

不妊治療・妊活のために転職するときの「会社の選び方」

結論をもう一度書いておくと、「時短勤務できる仕事につく」「パートの仕事につく」「在宅で仕事をする」というのがオススメです。

時短勤務・パート・在宅の仕事で共通して言えるのが「柔軟な働き方ができる」ということです。

病院から突然きてくださいと言われても、融通が効きやすいかという観点で選ぶことが重要です。

それぞれの仕事をオススメする理由を説明していきますね。

時短勤務できる仕事につく

時短勤務であれば、急に病院に行く必要がでてきても、その日の勤務時間以外で時間調整ができます。勤務時間が短い分、対応できる時間が広がります。

また、時短勤務であれば、子供を妊娠・出産した場合に利用する育休制度や育休後のママの復帰状況、残業の有無、有給の日数や取得しやすさなどもチェックしておきましょう。

パートの仕事につく

あまり言いづらい話ではありますが、パートであれば、当日休むという選択がしやすくなります。正社員よりも責任も少ない分、休んでも気まずい・・という雰囲気にはなりづらいですよね。

勤め先にとっては困る話かもしれませんが、妊活にはタイムリミットもありますし、自分のプライベート優先でOKですよ。

在宅の仕事につく

在宅ワークでも、仕事を期限内に終わらせればいいというタイプの仕事を選びましょう。急な病院からの呼び出しにもいつでも対応することができます。

逆に、1日のスケジュールが固定されているようなリモートワークのような仕事の場合、勤務時間を管理されるので、実際通勤する仕事と変わらないのでやめておくほうがおすすめです。

転職先として、時短・パート・在宅以外の会社はどうなの?

私の経験上、なかなか難しいのではないかと思います。

フルタイムの正社員をしながら、不妊治療(体外受精)をしていましたが、突然の病院の呼び出しが月に3〜4回程度(ピーク時ですが)あったので、仕事を突然休むということが困難でした。

1度の治療で妊娠できるかわからないなか、毎月この頻度で休むってなかなか難しいですよね・・・

すでに仕事のスケジュールを組んでしまったりしていた場合キャンセルするのもできない。

有給の日数も限られているので、使ってしまうと有給が使えずますます休みづらいという状況にもなります。

私の職場は、男性の多い職場だったので、不妊治療について相談しづらい雰囲気もありました・・;職場によっては、そういう職場で働いている人もいますよね。

ですので、正社員のように毎日勤務が必須の仕事は難しいと思います。

ストレスなく不妊治療に取り組むなら、時短・パート・在宅の仕事が最適かなと思います。

不妊治療・妊活中にオススメの仕事とは

不妊治療・妊活中に、時短・パート・在宅をするなら、次のような観点で選ぶのがオススメですよ。

・「これまでの経験を活かせる仕事」

・「時給が高い仕事」

・「自分がしたかった仕事」

これまでの仕事の内容とリンクする仕事であれば、比較的、楽に仕事に入ることができます。

それから、保険適用になったとはいっても、お金のかかる不妊治療。

妊娠した後の、出産・育児を考えても、時給など収入ができるだけ高い仕事につきたいですよね。

自分のしたかった仕事がある人は、これを機にまったく別の仕事をしてみるのもオススメです。

私も不妊治療前とは、まったく関係のないWeb関係の仕事を始めました。

今もその仕事を続けているのですが、不妊治療がきっかけで思いがけない世界が広がったりするんですよ!

気になっていた仕事を始めるチャンスだと思って、仕事を探してみるのもオススメです!

不妊治療・妊活しやすい会社を探す方法

・その①:LiB(リブ):私も登録していましたが、女性のライフステージの変化を重要視していて、リモートワークなど柔軟で新しい働き方を提案してくれる転職サイトです。いくつか転職サイトを利用しましたが、ここまで女性の働き方に理解のある会社はなかったので、登録してみるのがオススメ。思ってもみない仕事の選択肢が広がります。

・その②:パーソルキャリア:比較的 有名どころですが、試しに登録してみたら、担当者の対応がとても丁寧で親身に話を聞いてくれて、対応は◎でした。女性の仕事への理解もあるし、条件に合って収入が高めの案件も紹介してくれるので、無料登録しておくのがオススメです。

転職や就職系のサイトを使うことのメリットは、担当者に自分の状況をしっかり相談できることです。

無料の仕事サイトでは、相談することができないし、会社の詳しい状況がわからないのでミスマッチも起こりやすいです。

無料の仕事サイトを使うのもいいですが、転職サイトで担当者に相談しながら自分に合った仕事を見つけてもらうのもオススメですよ。

その際には、転職の担当者の人に、思いっきり今の状況を相談してみましょう。

そうすると、自分では気づかなかった会社・仕事内容などを提案してもらえるので、世界が広がりますよ。

転職サイトに登録したら、過去の仕事内容などやってきたこと、自分のできることは、しっかり記入しましょう。
そうすると、担当者からいきなり条件が合って内容のいい案件が来たりするので、仕事の悩みが少し解消されることにつながりますよ。

不妊治療・妊活で転職するときのQ&A

面接時に不妊治療のことを言った方がいい?

言わなくていいと思います。不妊治療はプライベートなことなので言う必要はありませんが、会社の勤務条件を確認して、不妊治療と会社の仕事が両立できるか確認してから入社の意思を伝えるようにしましょう。

転職サイト・エージェントには、不妊治療のことを伝えた方がいい?

転職サイト・エージェントには、不妊治療・妊活中だと言うことを伝えておいた方がいいです。

そうすることによって、今の状況に合わせた会社や働き方・仕事内容を提案してくれるからです。

伝えないことによって、実際の働ける条件とずれた会社を紹介されてしまって、自分に合った仕事と出会う可能性が減っていまいます・・!

退職するときに、不妊治療が理由だと言った方がいい?

言わなくていいと思います。不妊治療は個人的なプライベートなことなので、一身上の都合で・・・と言えばOKです。

今の仕事のまま頑張るか悩んでいます。。どうしよう?

今の職場の上司に相談するなどで理解を得られそうであれば、今の仕事を続けるのも一つの手です。新しい環境になっても必ずしも自分に合うとは限りません。転職サイトに登録して担当者に相談することで紹介してもらった会社の条件と、今の会社を比較してみるのもいいですね。

不妊治療・妊活のための転職活動をしながら、やってみるといいこと

不妊治療や妊活はゴールが見えず、心身ともにしんどくなってしまうもの。

いつ終わるかわからない見えないものに向かって進むのはしんどいですよね。

そんなとき、私がやっていたことは、不妊治療・妊活の漫画や映画を観ること。

周りに不妊治療や妊活をしている人がいないと、特に不妊治療・妊活をしている人たちがどんな生活をしているかわからないんですよね。

おすすめの映画・ドラマと漫画をまとめていますので、よければ参考にしてください。

不妊治療がテーマのおすすめドラマ・映画4選
不妊治療について知りたいと思っても、「書籍を読むのは大変そうだし時間がかかる」という方におすすめなのが、不妊治療や妊活をテーマとしたドラマや映画です。 映像であれば改まって捉える必要がなく、見るのもハードルが低くなるという方も多いので...
不妊治療がテーマのおすすめ人気の漫画
不妊治療は専門用語がたくさん登場し、分からないことが多くて不安という人も多いのではないでしょうか。 そんなときにおすすめなのが「不妊治療をテーマとしたマンガ」です。 不妊治療をテーマをとしたマンガは、作者さんの体験記が多く、さま...

「毎日に疲れた・・」というときは、趣味をしたりまったく関係のないことをするのもおすすめですよ。

頑張りすぎは良くないので、リフレッシュで気持ちを楽にしてくださいね。

 

 

 

コメント