妊活のために仕事をセーブする?働き方はひとつじゃない

その他

妊活のために仕事をセーブするか、これまで通り仕事をするか、妊活中の人にとっては大きな悩みのひとつです。

妊活のために通院している人などは特に、突発的に妊活のスケジュールが決まってしまうことがあります。

あらかじめ休まなければならない日が予測しづらいほか、月に何度も休む必要があり、周囲の人に迷惑をかけてしまうことに悩む人はたくさんいます。

また妊活中であることを理由に休みづらい人、そもそも妊活中であることを周囲に伝えたくない人もいますよね。

かといって、妊活にはお金がかかるので稼がなくてはならず、板挟みになって悩んでいませんか。

本記事では、妊活中に仕事をセーブするか、しないか悩んでいる人にぴったりの働き方を紹介します。

スポンサーリンク

妊活のために仕事をセーブするかは、人生の優先事項を考えて決めましょう

結論から言うと、仕事をセーブする選択も、セーブしない選択もどちらも正解です。

妊活は本格的に取り組むほど、通院などの時間的拘束が増えていきます。また、通院する場合、保険適用外になることが多いのでお金の準備が必要です。

あなたの人生で大事にしたいことはなんですか?

この質問に対して、あなたはなんと答えますか?

子供、お金、仕事へのやりがいなど。すべてを叶えることが理想ですが、叶えるのが難しい場合は、人生において自分が最優先にしたいことは何か考えてみましょう。

 

子供がいることで幸せを感じる人もいれば、子供がいなくても幸せに暮らしている人もいます。

 

人生の幸せは自分の価値観、考え方次第です。

 

妊活は年齢的なタイムリミットがあります。

妊活より仕事をして子供がいない人生と、仕事より妊活をして子供が産まれるかもしれない人生を想像してみてください。

 

あなたにとって、どちらがより幸せな人生だと感じられますか。

自分自身に問いかけて優先したいものが決まったら、人生で優先して実現したいものを実現する行動に比重を大きくしていきましょう

 

スポンサーリンク

妊活のためにどこまで仕事をセーブする?

妊活のために仕事をセーブする場合、どのような方法があるでしょうか。

現在の仕事を続ける場合、次の方法があります。

・職場で妊活中であることを伝え、通院のため急遽欠勤することがあることを伝える

・時間の融通が利きやすい部署に異動願いを出す

・有給休暇などの休暇制度が使えれば、できる限り利用する

妊活は生理周期などに合わせて、突発的に通院を求められることがあります。

タイミングを逃すと、翌月に先延ばしになることがありますので、年齢的タイムリミットを考えている場合はできるだけ決められた通院日に通う必要があります。

 

現在の仕事を続けながら妊活を続ける場合、周囲の人の理解を得ることが、重要です

しかし、なかなか周囲に理解してもらえず仕事をセーブできない、言い出せる雰囲気ではない、知られたくないという人も多くいます。

その場合は、転職という方法をとりましょう。

転職する場合は融通の利く職場を選びましょう。

スポンサーリンク

妊活で仕事をセーブして、転職するときにおすすめの職場

妊活のために仕事をセーブするために転職するときにおすすめの仕事をまとめました。

女性に優しい職場で働く

近年、働き方改革関連法の影響で、残業・時間外労働、有給未消化への規制が厳しくなっています。

そのような法規制を避けるため、従業員を大事にしようとする会社が増えています。

さらに、人口減少・高齢化の影響を受け、女性に働き手を求める職場が増えています。

そのような会社は、女性のライフイベントへの理解が大きい傾向があります。

女性にとって、このような社会の流れは追い風で、理想とする働き方を諦める必要がなくなってきているのです。

このような会社を選ぶためには、女性に特化した転職サイトを利用することで理想の職場を見つけることができます。

→ 女性に優しい会社の求人に強い転職サイト

 

個人事業主として働く(副業として始めるのもあり)

個人事業主としての働き方もあります。

代表的な仕事は、プログラミング、Webデザイナー、Webライター、ハンドメイド、イラストなどがあります。

また、自分のサイトを立ち上げてアフィリエイト、転売、起業という方法もあります。

フリーランスとして働くには、それなりにスキルが必要です。

自由な働き方ができる反面、そのスキルを身に着けるために時間がかかるという面もあります。

個人事業主としてのスキルに自信がないひとは、本業の仕事をしながら、在宅ワークなどでスキルを身に着けながら副業を始めるのがおすすめです

自分のスキルに自信がついたら、独立してフリーランスになるという方法もあります。

いきなりフリーランスで働いて収入減となることを避けることもできます。

まとめ

妊活中に仕事をセーブするか悩む人は多いです。子供・仕事・お金の狭間でどうするのが正解か悩んでしまうと思います。

そんなときは、人生において何が重要なのか価値観を明確にしてみましょう。

その答えは人によって違っていて当たり前で、正解はありません

妊活の本気度やあなたの年齢によっても答えは変わってきます。

妊活のために仕事をセーブすることで生活が変わる場合がありますが、セーブしたことで絶対に妊娠する保証があるわけではありません。

その不確実さを知ったうえでどういう決断をするかは、あなたの人生観次第です。

 

 

コメント